高い家を買って人生がおかしくなった人もいる

このサイトでも何度も言っているので聞き飽きたでしょうか(笑)

 

でも本当に高いので多くの人は無理してハウスメーカーの家を買っています。

高い家を買うことで安心している人もいるかと・・・

高いハウスメーカーの家を買いたいという人も確かに安心感はあるかもしれません。

 

ただ、無理なく買える人はいいけれど。

多くの人はなかなか買えないという人も多い。

 

ハウスメーカーの家は大体坪単価で言えば75万円以上はします。

本当に高いです。

もちろん、もっといい家を安く建てる方法もあります。

 

 

家の価格は高いけれど仕様や住宅性能、耐久性などは普通というハウスメーカーが多い中、これは何とかしたいということで、いい家を安く建てることを実現しようと、いろいろな方法を使った家づくりをしているわけです。

 

 

もちろん、やっぱりハウスメーカーの家やブランドの家が良いという人には、建築サポートの家づくりは不向きです。

 

 

自然素材や高断熱、高耐震、高耐久、デザイン住宅を予算の中で無理なく安くしかも適正価格で建てたい。

こんな人に建築サポートとの家づくりをしてもらいたいと思っています。

 

2000万円~3000万円の家づくりですからしっかりと自分が欲しい家を決めて、自分の予算もちゃんと決めて家づくりに取り組んでください。

そうしないと後で困るのはあなた自身ですからね。

 

 

建築サポートの事務所の近くに30年前位に売り出された分譲地がありますが、ここも売り家がよく出ています。

無理な高い家を建てて払えなくなった人が多いということです。

 

新築後2年~3年で売るという人も日本全国では多いようです。

家を売って借金がなくなればいいのですが、家を売っても借金が残る。

これが現実です。

 

安い家賃のアパートに暮らしながら残った借金を払い続ける。

なんか悲しいことですね。

 

夢のマイホームが実現して2年、3年で地獄のようになってしまった。

昔から、よく聞く話です。

 

このサイトを読んでいるあなたはそんなことはないと思いますが、そこはくれぐれも気を付けて家づくりをしてくださいね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net