家づくりの予算は毎月の支払いが無理のないように計画しましょう

多くの人にとっては家づくりは初めてで不安や心配が

 

たくさんあるかと思います。

 

一番の不安や心配はお金のこと。

 

建築費や住宅ローンのことではないでしょうか?

 

 

家は建てたら終わりではなく新しい家で新しい暮らしが

 

始りますからね。

 

その暮らしのことをしっかり考えた家づくりをしないから

 

 

新築後の暮らしが住宅ローンの返済に追われ、家族との

 

楽しい暮らしができない。

 

家族との楽しい想い出もつくれない。

 

 

そのような窮屈でつまらない人生になるのです。

 

 

家を持つことは人生の最終の目的ではなく、通過点です。

 

その人生の途中でムリした資金計画、高額な高い家を

 

買ってしまったら、建ててしまったら、どうなるでしょう。

 

 

 

このことを多くの人はあまりに簡単に考えて目先のことしか

 

頭にないという感じです。

 

 

特にハウスメーカーで坪単価60万円以上の家を平気で買う

 

建てる人は、予算がたくさんある人です。

 

 

大手ブランドの家の平均坪単価は70万円以上と言われます。

 

 

建築サポートでは同じような家を坪単価55万円以下での家づくりを

 

お勧めし情報提供しています。

 

一番いいのは坪単価50万円以下。

 

 

 

 

ブランドがいいよね。

 

大手が安心だよね。

 

本当でしょうか?

 

本当に大手ブランドの家があなたや家族のための家でしょうか?

 

 

本当に大手ハウスメーカーの家があなたとあなたの家族との

 

楽しい幸せな人生のためには必要なんでしょうか?

 

 

 

有名ブランドの家を無理して建ててそれが一生の夢なんて言う人は

 

いないと思います。

 

家は無ければ困るけれど生活が大変になる高すぎる家は必要ないのです。

 

 

知っている人の話ですが、積水ハウスで建てた人が住宅ローンの支払いに

 

毎月13万円くらい。

 

家族全員で必死で働いて住宅ローンを返済しています。

 

それも35年続きます。

 

 

 

 

大手ブランドの家を無理して高い価格で買い、新築後の暮らしを

 

考えていない家づくりをしたために、後悔している人がたくさんいます。

 

 

 

あなたはそうならないように、希望の家をあなたの安全安心予算内で

 

安く建てるように考えませんか?

 

ムダな費用を使わない家づくりで住宅ローンも少なくすみます。

 

 

 

新築後の支払いがきつい。趣味も家族旅行も我慢、我慢。

 

 

そのような家づくりは後悔します。

 

 

 

あなたや家族が楽しく幸せに暮らせるための家を建てようではありませんか?

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net