夏涼しく冬暖かい住まいのヒミツは素材にあり

「夏涼しく冬暖かな住まい」のヒミツは素材にあり

 

 

不動産広告の嘘

 

「夏は涼しく冬は暖かいですよ」「自然素材の健康住宅ですよ」「価格も安いですよ」

といった不動産広告をよく見かけます。

しかし、これらのほとんどは“嘘”だと言えます。
断熱材を少し厚くして見えるところに少し無垢の木を使う……
本体価格だけを表示して安いように見せる……
本当に残念なことですが、これらは不動産業界ではよく見かけることなのです。

ですが、私たちはこのような嘘はつきたくありません。ここから私たちの試行錯誤がはじまりました。

 

「無垢の木と塗り壁の家」が答えでした

 

夏涼しく冬暖かな住まい。もちろん健康にも配慮されていて、そして適正価格で……。

これらすべての条件を満たした家をつくるのは、本当に難しい問題でした。ですが、

研究に研究を重ねた結果、それを実現できる答えが見つかったのです。

それは、素材に徹底してこだわった「無垢の木と塗り壁の家」です。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net