注文住宅の家づくり。大手ハウスメーカーか地域の工務店か?どっちがいい?

“家を購入することは多くの人にとっては一生に一度あるかないかの

 

大きな買い物です。

 

 

一方で業者としても個人を対象にして提供するサービスとしては、

 

極めて大きな金額になるものであり、それなりにお金が絡むことと

 

いえます。

 

 

家を手に入れる方法はさまざまですが、新築の場合には建売住宅と

 

注文住宅の選択肢があり、さらに家の構造にもその費用に違いが

 

出てくるものです。

 

 

 

一般的には木造ですが、近年は軽量鉄骨や鉄筋コンクリート造と

 

いったものがあり、またそれらを手がける建築会社も全国に展開して

 

いるところから、地域を地盤とするものまでさまざまです。

 

 

 

しかし、実際に家を作るのは、作業に携わる人達であり、会社では

 

ありません。

 

 

特に建築会社の構造は基本は下請け制度であり、自社で工事をすべて

 

手がけるようなところは数えるほどしかないものです。

 

 

 

 

価格で見れば大手建築会社の家は相場と比べて高い傾向にあります。

 

理由はさまざまですが、ひとつは宣伝広告費が必要であり、また住宅も

 

大量に建設している場合などはそれなりの利益を出さなければなりません。

 

 

 

また独自の工法を採用するなどしてもともと単価が高いというタイプこと

 

もあるものです。

 

 

それなりに理由があって価格は決定されますが、売る立場の業者目線の

 

家づくりが多くなされる傾向にあります。

 

 

 

実際のところ契約してしまえば、それを簡単に手放し売ることができない

 

のが家ですから、いかに購入者に魅力的なものであるかがポイントとなり、

 

そのような建物では家族が人生を楽しく幸せに暮らすといったコンセプトで

 

建てられているものもありますが、ただ現実として、あくまでもそれは

 

コンセプトであり、実際にそのようなことになるかはわかりません。

 

 

 

このため無駄になることも多いものです。

 

 

この点で買う立場の消費者目線になれば、本来は不必要なものを取り除いて

 

いけば価格も安くなります。

 

 

この点で良心的な地方小規模のローカルの工務店などに依頼すれば満足行く建物が建てら

 

れることもあります。”

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。