良い家を安く建てるための失敗しない資金計画

失敗しない資金計画で大事なポイントは3つあります。

 

 

1・家づくりは総予算で考えましょう。

 

2・無理な住宅ローンを組まないように。

 

3・実際に自分で資金計画を立てましょう。

 

 

この3つのポイントが重要です。

 

 

まず1つ目、総予算で考えていないと、後で予算が足らなくなり

 

追加融資を申し込んだり、希望通りの仕様に出来なかったり

 

お金のことで悩むことになります。

 

土地代、建物建築費、別途工事、諸費用などの全ての費用を

 

忘れずに資金計画をすることが大事です。

 

 

外構工事や地盤改良工事は結構なお金がかかりますから

 

要注意です。

 

 

 

 

2つ目のムリな住宅ローンは組まない。

 

ま~当たり前のようなことですが、要望が膨らんできて

 

1生で1回の家づくりだからと身の丈以上の住宅ローンを

 

組む人が時々います。

 

その結果、生活が苦しくなり結局、家を手放す羽目に。

 

そうならないために何のための家づくりか?

 

収入の20%の支払いを目安に住宅ローンを組む。

 

 

借りられる金額の限度額一杯に借りるのではなく、

 

毎月ムリなく支払える金額を借り入れる。

 

 

 

これは大事なことです。

 

 

 

3つ目、実際に自分で資金計画を組んでみる。

 

失敗する多くの人は建築業者に資金計画を任せています。

 

建築業者の言われるままに、建築業者の都合のいいように

 

資金計画を作っています。

 

 

どのような費用が必要か?どのような費用に多くのお金を掛けるのか?

 

どのような費用にはお金を掛けないのか?

 

自分で具体的に考えないから失敗します。

 

 

自分で具体的に資金計画をするにはある程度の情報収集が

 

必要です。

 

 

ただ、正しい情報を知ることであなたに相応しい正しい資金計画が

 

出来上がり、あなたが欲しい家をあなたの予算内で建てることが

 

出来るのです。

 

 

資金計画の大事なポイント。

 

1・家づくりの資金計画は総予算で考える。

 

2・無理な住宅ローンは組まない。

 

3・具体的に自分でやってみる。

 

 

以下は参考の資金計画

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net