工務店も安くない?

安くてもいい家を建てるためには工務店の協力が必要です。

 

一般的にはハウスメーカーよりも工務店は経営規模が小さいので

 

経費等少なくても良いので安く工事をしてくれます。

 

 

ただ、今は工務店が安いとも言い切れないです。

 

もちろん私が知っている佐賀の工務店は業歴も長く会社規模も小さいので

 

受注のための広告宣伝費など経費が殆どかかっていません。

 

だから施工費が安いです。

 

 

しかし、一部の工務店だとは思いますがハウスメーカーと同じような

 

経営をしていて広告宣伝やモデルハスもあり経費がかかる家づくりを

 

している工務店もあります。

 

 

安くてもい家をつくるにはムダな経費を省く必要があるので

 

ハウスメーカーと同じような受注方法を取っている工務店は工務店という

 

業態でもちっとも安くない。

 

 

工務店は安いと思って相談に行ったら価格も仕様もハウスメーカーと

 

殆ど変らず落胆した。

 

期待外れだったという話も多いです。

 

 

工務店と言ってもいろいろな業者があるのでそこはどんな工務店か?

 

を調べてからという事になります。

 

 

一般的には工務店の社長が大工で自分も現場で働いている。

 

こんな工務店は工事費も安い場合が多いです。

 

 

これから私たちが工務店に求めることは、

 

工事費が安い価格力、施工が上手い技術力、変更など柔軟に対応できる対応力。

 

そしてこれが一番ですが、施主さんのために安くてもいい家をつくろうという

 

想い、覚悟力。

 

 

こんな理想の工務店が全国にあるとは思いますが、探すのは大変かと思って

 

います。

 

こんな理想の工務店はハウスメーカーや有名工務店と違い広告宣伝などして

 

いませんからね。

 

 

このような工務店を探すのはやはり人脈です。

 

知っている人から紹介してもらう。

 

これが一番ではないでしょうか?

 

 

 

施主さんと私、そして私の業界の知り合いの人脈を使い

 

良い工務店を探す。

 

安くてもいい家づくりはここが全てかもわかりません。

 

施主さんのための設計図や見積もりができてもそれを基に

 

工事する工務店を探すことができないと絵に描いた餅という

 

事ですからね。

 

 

たとえば材料と施工原価1500万円で経費利益が500万円。

 

建築費合計2000万円。

 

これが一般的な健全な建築業者にとっての安めの適正価格と言われています。

 

建築業者にとっての理想は経費利益は650万円です。

 

 

これを原価1500万円で経費利益を300万円程度ででやれば安くてもいい家になる

 

という事です。

 

 

ムダを省けば300万円程度の利益でもやっていけるんですが、多くの工務店は

 

覚悟ができていないというか、度胸が無いというか?

 

利益が多くない、損することを恐れています。

 

 

要するに自分たち工務店のことだけしか考えていないという事です。

 

工務店もお客さんがいて初めて利益をいただける。

 

サービス業だという事を忘れたらいけません。

 

 

お客さんが欲しい家を欲しい価格、買える価格で提供する。

 

これが本当の工務店の姿です。

 

 

 

多くの利益を求めるのも建築業者。

 

少ない利益で十分というのも建築業者。

 

建築業者も工務店もいろいろです。

 

 

どちらがいい?

 

悪い?とは言いませんが、施主さんにとっては安く施工してくれる

工務店が良いに決まっていますよね。

 

もちろん丁寧にです。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。